So-net無料ブログ作成
イギリス ブログトップ

おにいちゃんにははちみつケーキ [イギリス]

おにいちゃんにははちみつケーキ (主婦の友はじめてブック―おはなしシリーズ)

おにいちゃんにははちみつケーキ (主婦の友はじめてブック―おはなしシリーズ)

  • 作者: ジル ローベル
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2006/04/01
  • メディア: 大型本
(原題: Too Small for Honey Cake)
作:ジル・ローベル 絵:セバスチャン・ブラウン 訳:なかがわちひろ 


  弟マメタが生まれてお兄ちゃんになったコンタ。せっかく作った
  積み木も、お母さんは見てくれなくて、赤ちゃんにかかりっきり。
  ふてくされて物置に閉じこもり、「いけない」歌を歌いだした
  コンタですが・・・。


ママを赤ちゃんに取られてしまったお兄ちゃんの気持ちを描いた絵本。
特別な展開などはありませんが、この作品の魅力は、なんといっても
赤・ピンク・オレンジ・黄色を主体とした、ユーモラスであたたかい絵。

そして、外国のお話なのに、「コンタ」とか「マメタ」といった日本語風の名前に
訳されているのもおもしろいですね。

「はちみつケーキ」は最後に出てくる小道具でしかありませんが、
全体がはちみつのように甘くてとろ~りとした雰囲気の絵本です。

それにしても、どんなケーキかと思ったら、普通のデコレーションケーキ
のように描かれているのが意外でした。(^^)




nice!(0)  コメント(0) 

メルローズとクロック えがおをさがしに [イギリス]

えがおをさがしに―メルローズとクロック (児童図書館・絵本の部屋)

えがおをさがしに―メルローズとクロック (児童図書館・絵本の部屋)

  • 作者: エマ・チチェスター クラーク
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 大型本
原題:Melrose and Croc : Find a Smile
作:エマ・チチェスター・クラーク 訳:たなか まや

   犬のメルローズと、ワニのクロックは仲良く暮らす親友同士。
   ところがある時、メルローズが「笑顔」をなくしてしまいます。
   クロックは「だったら、さがしにいこうよ!」とメルローズを外に連れ出して・・・。


「しあわせの三つのおしえ」の作者による、最新絵本です。
やや暗めの絵柄だった「しあわせの~」に比べ、明るいパステルカラーが
中心で、かわいいイラストタッチの水彩画。
ちなみに他の作品では、「ブルーカンガルー」シリーズもあり、
こちらもイギリスらしい色使いの、かわいい絵本です。

笑顔を探すために、野原にメルローズを連れ出すクロック。
ドラマチックなわけではなく、ほのぼのとした展開ですが、子どもは
メルローズやクロックのかわいらしさが大好きになってしまいます。

そして大人としては、やっぱり落ち込んだ時は、自然の中で遊ぶのが一番
だよな~、と妙に納得させられてしまうのでした・・・。



 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ジョディのいんげんまめ [イギリス]

ジョディのいんげんまめ (児童図書館・絵本の部屋)

ジョディのいんげんまめ (児童図書館・絵本の部屋)

  • 作者: マラキー ドイル
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 2002/05
  • メディア: 大型本
作:マラキー・ドイル 絵:ジュディス・アリボーン 訳:山口文生

   春、おじいちゃんにいんげん豆の栽培を教えてもらうジョディ。
   苗を間引きし、添え木をつけ、やがて秋には収穫を迎えます。
   そして来年の種の準備をする冬には、赤ちゃんも生まれ・・・。


繊細で優しい水彩画で描かれた、イギリス郊外の四季。
「見まもってれば、わかるから」と、淡々といんげん豆を育てるおじいちゃんとジョディ。
わかりやすい語り口が、想像をより広げてくれる作品です。
なんといっても、バターを添えたいんげん豆は、おいしそう~。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ようせいの三つのねがい [イギリス]

ようせいの三つのねがい (児童図書館・絵本の部屋)

ようせいの三つのねがい (児童図書館・絵本の部屋)

  • 作者: ジョアンナ ハリソン
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 大型本
作:ジョアンナ・ハリソン 訳:まつかわまゆみ
原題「Three Wishes」

   ママに妖精の衣装を作ってほしいルル。でもママは小さな弟の世話や
   家事で大忙し。ちっともルルにかまってくれません。
   そんな時、妖精が現れて、願いごとを三つかなえてくれると言いました。
   一つ目の願いごとは「妖精になりたい!」。でも、なってみるとなかなか
   妖精も大変。
   だから二つ目は・・・。


パステルカラーが中心の、明るい色彩。のびやかなイラスト風の絵、
時々マンガのように1ページの中に複数のコマがあったりなど、
自由で現代的な作品です。

ルルの本当の願いは、妖精の衣装でも妖精になることでもなく、ママがちょっと
手を止めてくれること・・・。とってもあたたかくてやさしい絵本です。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

おねえさんになるひ [イギリス]

おねえさんになるひ

おねえさんになるひ

  • 作者: ローレンス アンホルト
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 1998/06
  • メディア: 大型本
作:ローレンス・アンホルト 絵:キャサリン・アンホルト

   赤ちゃんが生まれるのを楽しみにしていたソフィー。いざ生まれてみると、
   一緒に遊べないし、パパやママはかまってくれないし。
   ついに「もうあかちゃんなんていらない!」と爆発してしまいます。


イギリスの美しい四季の中で暮らす、あたたかい家族の様子が、鮮やかな水彩画で
描かれた絵本。女の子にはぴったりの、夢のある作品です。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

こねこのチョコレート [イギリス]

こねこのチョコレート

こねこのチョコレート

  • 作者: B.K. ウィルソン
  • 出版社/メーカー: こぐま社
  • 発売日: 2004/11
  • メディア: 単行本
作:B・K・ウィルソン 訳:小林いづみ 大社玲子

   ジェニーは4才の女の子。弟のクリストファーの誕生日にあげようと、
   子猫の形のチョコレートを買ってあげますが、どうしても我慢ができなくて・・・。


弟のためのチョコレートなのに、「食べたい」気持ちが我慢できない、4才らしいお話。
同じくらいの年齢の子どもにとっては、自分のことのようで、とても共感できるようです。
ややレトロな感じの、シンプルでかわいい絵も女の子にはオススメです。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

しあわせの3つのおしえ [イギリス]

しあわせの3つのおしえ (児童図書館・絵本の部屋)

しあわせの3つのおしえ (児童図書館・絵本の部屋)

  • 作者: エマ・チチェスター クラーク
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 1998/11
  • メディア: 大型本
作:エマ・チチェスター・クラーク 訳:久山太市

   「ご主人には従うこと」「右や左をよく確かめること」「困っている人は
   いつも助けること」を、お母さん犬から教わった子犬の「ぼく」。
   ひどい飼い主から逃げ出し、やがてやさしいおばあさんに出会います。


幼児向け絵本としては珍しく、ひどい目に合いそうになったり、交通事故が起きたり、
と淡々とした語り口ながら、スリルのある展開です。

やや暗いタッチの絵の場面もありますが、読後にはあたたかいものが残る、
とてもよい作品です。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
イギリス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。